FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が満たされるプレイ

主のそばに行きそっと抱きつく。
優しいキス…の後。
そのまま主の唾液が私の口の中に流し込まれてくる…

私はそのまま主の膝元に崩れ落ちる。
主は私の身体を優しく撫で回す。

「なんだ、これだけで逝くのか…?」

俯き身体が震えたまま何も答えない私の後ろ髪をわしづかみにし、そのまま下に引っ張られると私の顔は自然に上を向く。

思わず私は目をそらす。
「逝く時は何と教えた?」と平手打ちが飛ぶ。

「あ…」と口から漏れる。
「何回教えても覚えない奴だな…」と反対側の頬に平手打ちが飛ぶ。

「もう、濡れているんだろう」
何も答えれないでいると。

「脱げ」
「横になれ」
「恥ずかしい部分を自分で広げて見せてみろ」

命令されたとおりに従う。

「みっともない姿だな」
「クリト〇スも充血しているじゃないか」

充血している部分を電マで刺激される。

「んんーー!!」
すぐに逝きそうになるけれど、主はそれを許してくれない。電マのスイッチは止められる。

この行為は何度も繰り返される。

「逝きたいのか?」
「はい…」
「逝きたい時は何と教えた?」

やっとの思いで言葉を搾り出す。
「逝ってもいいですか・・・」
「お前は本当に覚えの悪い奴だなぁ、何度教えても覚えない」と冷笑する主。

そして私は逝く。
何度も何度も。獣のような声をあげながら。
それでも電マは止めてもらえない。
秘部を広げていた両手を離し逃げようとすると、「手を離していいと誰が言った?」と叩かれる。

動けなくなった頃、やっと電マは止めてもらえる。
私はぐったりと横になったまま…

「逝った後はどうするんだ?」
起き上がり正座をしながら「…ありがとうございました…」と言い、主の硬くなった部分を見つめる。

「どうしたいんだ?」
「…ご奉仕させてください…」
「よし。」

口に咥えると、主は私の頭を自分の身体に押し付ける。
苦しくて…息が出来なくて…涙が溢れてくる。
それでも、主の手は緩まない。

そのまま…主のものを咽喉に流し込んでいただく。

正座したまま涙と鼻水でぼろぼろになった私に…
「何泣いているんだ」と笑う主。

「楽しかったぞ」

その一言が私にはとても嬉しい。

鞭も蝋も緊縛もないけれど。
今の私は主のプレイが一番心が満たされる。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

おっ!!

たまに、エッチしているときにSの血が騒ぎます。
昨晩は、そんな気分になった日でした。



最初は、普通のエッチだったのに、真夜の感じている声を聞いているうちに
真夜を虐めて遊びたい感覚が大きくなってついつい遊んでしまった。

エッチの時は、いつもフェラをさせます。
真夜は、フェラをしているだけなのに、いつもアソコがグジュグチュになって、69の形になり弄ると白い液があそこからトローッと流れ出します。
『なんか白いのが流れ出しているぞ』
というと、腰を振りつつ恥ずかしがりますが、更に追い打ちをかけて
『いやらしいまんこだなぁ』とか『アナルも丸見えだぞ』
と声をかけて遊びます。
恥ずかしがっているときは、フェラが疎かになることが多く、俺に叱られます。(笑)

昨晩も同じような感じで、フェラをさせた後に騎乗位で俺のをまんこに受け入れ『あんあん』声を上げてました。

その後、正常位で腰を動かしているときに、Sの血が騒ぎはじめ、
先ずは感じているところに、窒息プレイ・・・俺の場合は、口と鼻を手で塞いで息を出来無くさせます
真夜の感じ方が激しくなってきたので、更にまんこの中にローターを入れて、エッチを再開

『あんあん』と声のあげ方も激しく、楽しめました。


暫くは、窒息プレイとローターを使っての遊びを続けましたが、遊んでいる最中に


【たまには、フィストに挑戦してみるか・・・・】と思い、ローターを抜き、
真夜がグッタリしているところに指を3本から入れはじめ、掻き回して遊び、
指を4本に増やし更に掻き回して遊びました。

指を4本入れるまでは、過去も実施していたのだけど、何となく今日はフィストだ・・・と言う気持ちがあり
暫く4本指で、まんこを掻き回していると拳の部分まで飲み込むのに気づきました。

拳まで入るなら、親指も入る可能性があるな・・・と言う経験の元、更に親指も含めてまんこを掻き回して遊ぶこと5分くらい

-その間、拳が越えるときに『ギャー』『ギャー』とうるさく、叫んでいました。良い鳴き声でしたよ。(笑)-


げんこつ状態でまんこの中に拳が吸い込まれ、見事にフィストが出来ました。
ただ、奥行きが無く、手首まで入れることは出来ませんでしたが・・・

因みに、真夜にとって初めてのフィストみたいです。


次は、手首まではいるように頑張らないと。


今度は、どんな事しようかな?

新年のSMプレイ

麻縄で椅子に緊縛されて、股間には電マが設置されて…
放置プレイから始まった2011年のSMプレイ♪

でも…電マの刺激ってしばらく使ってないと強烈過ぎて、プレイ途中で「ゴメンナサイ、もう許してください」って言ってしまいました。。。

しっかり真っ赤に縄の痕もついていただけど、数時間後には綺麗に消えてしまってました(T0T)
痕が付きにくいのって、ちょっと残念ですよね。

やり逃げw

飲み会が続く主様。
今日も飲み会です~(TーT)

そんな毎日ですが、制服を着替えに一度帰って来てくれます♪
ちょっとダケ甘えモード。べったりくっついていたら…くすぐられたり、平手で叩かれたりしながら…

「ほら、咥えろ」
『はい・・・』

「今日は飲み込むなよ。後で口の中を見せてみろ。」
『・・・』←声が出ないのでうなずくようなそぶり。

「出るぞ」
『ん・・・』
「見せてみろ。ははは、いっぱい出たな。ほらいいぞ、飲み込め。」
『んん・・・』←涙目

「さて!時間になったから出かけるか!」
『えーっ、真夜のこの萌えもえな気持ちはどうすればいいの~???』
「あははははw」
『ひどい、やり逃げだっ!!』←飲み込んだらしいww
「ふふん♪」

こんな極悪非道の主様ですが…やっぱり大好きです♪

ひさしぶりのおもちゃ登場☆

最近来客が多かったので、SMお道具を隠していたのです。
(だって見つかると恥ずかしいじゃん☆)

昨夜も普通のエッチに突入の際…勇気を出して、
「たまには玩具で苛められたいデス☆」と言ってみました。
「俺もたまには首輪つけてあげたいって思うことあるよ」

ということなら、話は早いデス!!
そそくさと、服を着て、隠してあった玩具を引っ張り出してきて。
お布団の上に広げましたww

そんなことをしながら、主様から質問が…

「エッチであんなに逝ってるのに、玩具でも逝きたいものなのか?」
「エッチで逝くのと、玩具で逝くのは違う感覚なんです!」
「ほう、どんな風に?」
「まるで、コーヒーを入れないクリープなんて!!みたいな?」
「…さっぱり意味わからんし、そもそもそれ例えが逆だろう…」
「まぁ、いいじゃないですか。どっちも違う意味で気持ちいいんだから!!!」

などと、くだらない会話をしつつ、首輪をつけてもらって調教ターイム☆

…やっぱり電マはヤバイです…
チビリそうになりましたwwww

その後、主様のモノを挿入していただいたんですが、「許しを得ずに逝ったらお仕置きだぞ!」と言われても…いきなりテンションMAX!!に動かれたら、逝っちゃいますって☆

えぇ、お仕置きされました。
途中で抜かれてバイブを入れられて「やだ、主様のがイイ!!」と言っても、そんな我が侭聞いてもらえるわけもなく☆
クリの部分のスイッチを入れられて、またまたチビリそうになるのを我慢しながら「主様のがイイよぅ」とブツブツブツ…

「我が侭な奴だな。玩具がいいって言ってたくせに」といいながら、バックで主様のモノを入れてださって、背中をリードの先でバチンバチン☆と叩かれながら、また…逝く…の繰り返しなのでした。。
プロフィール

 

Author: 
ガンバ:仕事が忙しくて、放置気味の主です。奴隷が情緒不安定で中々手なずけられずに困ってますが、何とかやってます。今後とも宜しくお願いします。

真 夜:主様と一つ屋根の下に住むいつも情緒不安定なM女です。主様を困らせてばかり・・・ごめんなさい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。